スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業参観(好きなようにやらせてあげよう!)

今日は支温の授業参観に参加。

午前は麦麹を渡しに行ったり、市役所に手続きに行ったり、金物屋でバールやスクレイパー(家の補修用)などを買いに行ったりし、ちょっと新しいホームページ作りをしているうちにあっという間に過ぎ、午後は授業参観、その後に他の仲間と交流会?、、、

今日も全く畑には出向いていない。
「一面銀世界なんだし、無理なく行こうよ^^」
そんなスタンスだから国から支援するに足る農家とはみなされないんだろうな。

でも、実はそんなスタンスだからこそ、ビニールハウスを建てることなく、被害がなかったとも言える。

話は戻って、授業参観。
うちの娘はおとなしい感じだな、、授業中は。
あんまり手を上げたりしないし。
2014-02-28 14.30.33

友達と遊んでいるときなどは凄い元気なので、人前で話したり、注目されるのが苦手なんだろうな。
うんうん、自分と一緒だな(←オイオイ)

外の景色も素晴らしい!
2014-02-28 16.10.38

それにしても、無邪気に手を上げたり発言したりしているのを見るのはいいなぁ。
大人であんなに積極的にコメントする人って実はあまり見ない。
コメントする前に「こんなこと言っていいのかな?」「へんなこと言っていないかな?」という自己チェックが入ってしまうために、発言がしぼみがちに感じることが多い。

何でも思ったこと話せばいいのにね。
何故か考えながら話そうとするから、ややこしくなるんだよね。

子供の場合はそこがストレートだからいいな。

知らないおじさんに「おじさん、なんで頭に毛がないの?」なんて質問したとしても、、、いいんじゃないかなぁ?
隣にいるお母さんは凍っちゃうかもしれないけど、本当は全然悪い質問なんかではないはずだ。

授業参観が終わるとPTA会議が行われた。

先生から、「子供さんに忘れ物がないように、宿題などをちゃんとやるように時間を決めたりしてやる習慣をつけさせるよう願います。」とのお話があった。

みんなはどう思うんだろう?
自分は、勉強はやりたければやればいいし、やりたくなければやらなければいいと思っている。
やりたくないのにやらすというのは非常に効率が低いし、なにより面白く無いから。

自分は子供の頃、勉強しなさいと言われるのは好きではなかったから、自分は子供に勉強しなさいと言うつもりはないな。
子供にやってほしいという気持ちがあるのであれば、「やりなさい」ではなくて、「何故やってほしいと思っているかを説明してあげる」のがいいと思う。

その意味がわかり、そのメリットを感じれば、自分から勉強は進めるようになる。
勉強は罰ゲームのようなものから遊びになる。

自分は高校時代、そうだった。
三年の夏、まるっきり勉強していなかった自分は成績が悪く、卒業が危ぶまれていた(実際、卒業証書が書かれたのが自分は一日遅れだった記憶が、、)。
しかし、「ウルトラクイズみたいで面白いから、俺も模試で上位目指すか!」的なノリで急に勉強を始めた。

結果、半年で偏差値30くらいから一気に70代に!
周りや先生はびっくりしていたが、それが遊びの強さなんだ。

(勉強の仕方を教えて欲しい人がいたら、副業(家庭教師、コーチング)として教えます。子供でも大人でも。まずは連絡を^^)

自分は始めた時からはっきりわかっていた。

周りの人は眉間にしわを寄せて「一生懸命」勉強していた。
顔が輝いていなかったんだ、、、

それを見て思った。「ふーん、これだったらすぐに自分が一番になっちゃうだろうな」

一番楽しみ、一番笑っていた自分が、実はダントツ一番に勉強をしていたと思う。

腱鞘炎になり右手で字をかけなくなり、グーで握って書いていたら手首が腱鞘炎、そして肘まで、、
しょうがないから左手で書く練習をして、左で書いていたら左が腱鞘炎、、、

親には勉強しろどころか、「あまりムリしないでね、、」と指をさすってもらっていた。

でも、やっぱり楽しかったな。
あの時のおかげで、今は両利きだし。
周りに人にも、小学校受験などして何年も勉強しなくても、短時間で勉強は間に合うことを示すことができたのは大きいのじゃないかな。

無理して好きでもない勉強をするのではなく、大好きなことに熱中し、そればっかりやる性格だったからそういうことができたと思っている。

そんな経験もあり、子供には好きなことをやってほしい思う気持ちが強い。
いかに先生に「宿題やってきなさい!」と言われても、気持ちが乗らないのであれば「したくないんです」とはっきり言える子であってほしい。(実際、自分は学生の時に、先生にそう告げた、、、。やっかいな生徒だったかな?でも好かれていたと思う。反抗的なわけではなく、素直なだけだったから)

先生は、本当に生徒に宿題をやって欲しいのなら、生徒が納得できるように説明してあげれば良いと思う。
それが真の先生というものだと思うな。
「子供が思わず目をキラキラさせて宿題をやってしまう!」
そんな先生ね。

誤解の無いように言っておくと、今の先生に不満があるとかそういうわけではまるっきり無い。
一人の親として、こんなふうに思っていますよ~というだけね。

そしてなんと、こんな自分が思わずPTA委員長になることになった、、、。
やりたい人いないから実は自分で立候補したんだけど。

授業中に海に遊びに行ってしまうような子供だった自分がね^^




スポンサーサイト

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ヤス

Author:ヤス
自然の恵み、豊かさを多くの人と共有したい!

=自然農園ビヨンド 代表=

無農薬、無肥料の自然栽培で野菜を育てながら、野菜販売、体験イベントなどを行なっております。

>>Beyond自然塾

>>自然農園ビヨンド

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム
=ご注意= ①メールアドレス及び、『確認』ボタン押下後に移動するページの②認証用キーワードの数字は共に半角で入力願います。どちらかが一方でも全角での入力となりますとエラーとなり送信できません。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。