スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然に則して(繋がりの重要さ)

人間はかなり力をつけてきた。

飛行機で空を飛び、車や電車で遠くまで簡単に移動できる。

肥料や農薬、トラクター、ビニールハウスで食料生産も思いのまま?

スーパーやコンビニに行けば簡単に食料は手に入る。

蛇口をひねれば、水は出て、カチャリとやれば火も簡単につく。
スイッチひとつで明かりも点灯、エアコンつければ温度調整もバッチリ!

盤石のように見えても、これらには前提がある。

供給や運搬などの基板がしっかりと機能していれば、、という前提が。

そして、この基板は通常しっかりしているように感じられる。
あまりにしっかりと感じられるので、多くの人はそれに疑問は感じない。

なんで、そんな面倒臭いことして野菜を作るの?
「そんな暇あったら、その時間で働いて、稼いだ金で何倍もの野菜を買えるじゃない。」

そう、お金で言えばそうだろう。でも、それはお金が本当に食料に変わるという前提が崩れた場合にはどうかな?

山梨は今、歴史的な大雪で被災地となっている。
自衛隊に救助を要請し、その自衛隊さえも入り込めていないなどと言われている。

山梨だけ氷河見たいになっている!(出典;https://pbs.twimg.com/media/Bgk_PG_CYAA0WYI.jpg)
山梨大雪

無理して仕事に出たり、スーパーに買い出しにしたりして、結局は車が動けなくなって車中泊を余儀なくされている人達もいる。
凄いことに、車中泊による凍死者なども出ているのだ!

もし、無理してまで外出する必要がなかったならば、そのような被害は減ってはいなかっただろうか?
路駐に止まって動けなくなった車が少しでも少なかったら、除雪車が通れたので、除雪はもっと進んでいたのではないだろうか?

自分はなんとなく、自然に惹かれ、できるだけ自然に即して生きたいなと思っている。
山梨の冬の寒さを見ると、無理して野菜をつくるのは手がかかるなと思い、ビニールハウスではなく、漬物や味噌などの保存食を作ることを選択した(建てる金がなかっただけ?)。

その保存食が今、役に立っている、、

ビニールハウスを立てていたら、今回の大雪では倒壊回避のために注意したり雪かきをする必要があっただろう、、

トマトの時も思ったが、自然な形態は結構自然災害に強い。自分はトマトは支柱なし、雨よけ無しで自然に育てていたのだ。
ちかくの雨よけ栽培の人は雨よけ設備が強風でふっとばされたり、支柱がグニュりと曲がったりしていて、見ていて気の毒だったが、自分の地這いトマトはまるっきり被害なしだったのだ。

トマトはトマトで、自分が生存していくためにベストな形状をしようとしているのだろう。
自分はトマトの自由にさせてあげただけ。

こんなやり方は、場所は取るし、収穫にかなり手が掛かるので生産農家の方はまず真似をしないだろうな。

話は戻り、今回のような『被害』と呼ばれるものは、多くの人に様々な気づきを与えるだろう。
そして、その気づきから行動に変化が現れる人もいれば、変化しない人もいるだろう。

自分はどちらでもいいと思っている。
タイミングも人それぞれ、感じることも人それぞれ、それがいい。

ただ、『被害』と呼ばれるものは痛みも伴うが、『人との繋がり』の重要性に気づかせてくれることが多い。

北杜市のような田舎だと、最寄りのスーパーまで数キロあるのは普通で、今回のように交通が麻痺したら気軽に行ける距離ではなくなる。
でも、近くに農家さんがいたら?保存食をたくさん持っている人がいたら?

停電でエアコンが動かなかったり、灯油が切れてしまっている人もいるだろう、、
でも、近くに沢山の薪を備蓄し、薪ストーブを持っている人がいたら?

繋がりを感じていない場合、「すみません、ちょっと温まらせて^^。うわ、凄い。保存食あるんだ?ちょっとちょうだいよ」とは言いにくいのでないだろうか?

車中泊を余儀なくされている人の多くは、自分の家は歩くには遠すぎるのだろう。
でも、一番近くの家はそれほど遠くはないかもしれない。
そのお宅に「ちょっと泊めてくれませんか?寒くて、、」と気兼ねなく言えたとしたら、少なくとも凍死はしないだろう。

「金さえあれば、業者がやってくれるよ。必要な物も簡単に手に入るよ」
通常時は当たり前のこういう考えは、災害時に再考を迫られる、、、

災害時には電気や水道、道路などのインフラが崩れることで、「必要な物も簡単に手に入る」という考えに疑問を感じることができるのだが、それでも気づきにくいこともある。

それは『金さえあれば』の部分。
そもそも『お金』というのも実はタダの紙切れで、本当に価値のあるものではない。

それよりも『繋がり』の方がずっと本質的だ。
名前も違い、環境も違い、見た目も違い、考え方も違う、、、
でも、実は皆、根っこでは繋がっているんだ、、

これに気づくのには余程の災害か、「お金なんかより、もっとずーっと大切なモノがあるよ^^」と行動を持って伝える人が多く必要だろうな、、

自分は災害よりも、後者を選択したいな^^



『繋がり』

大きな木が一本生えている

北側の枝と南側の枝が喧嘩している

北側の枝は南側の枝に言った

「邪魔だ!お前のせいで俺に日が当たらないじゃないか!」

北の枝と南の枝の喧嘩はヒートアップし

ついにはお互いの枝を激しくぶつけあいだした

2つの枝から葉っぱがひらひらと落ちていく、、、、

東側の枝は、北と南の枝が喧嘩しているの見て胸が傷んだ

東の枝は泣きながら言った

「ふたりともやめて!北の枝さん、私が少し葉を落とすから!そうしたらもっと日に当たれるでしょう?」
そう言って、自らの葉をハラハラと落とし始めた

西側の枝は、北と南の枝の喧嘩で葉っぱが落ちるだけでなく、東の枝まで葉っぱを落としているのを見てほくそ笑んだ

「おぉ、これで俺の日当たりも良くなるな」

その時、一匹のロバが通りかかり、この木を見て驚いた

「一体何をやっているんだ、この木は?!」








スポンサーサイト

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ヤス

Author:ヤス
自然の恵み、豊かさを多くの人と共有したい!

=自然農園ビヨンド 代表=

無農薬、無肥料の自然栽培で野菜を育てながら、野菜販売、体験イベントなどを行なっております。

>>Beyond自然塾

>>自然農園ビヨンド

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム
=ご注意= ①メールアドレス及び、『確認』ボタン押下後に移動するページの②認証用キーワードの数字は共に半角で入力願います。どちらかが一方でも全角での入力となりますとエラーとなり送信できません。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。