スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農家の賃金?(お金で物を考えると)

今日は有機村に野菜を置かせてもらってきた。
うちが作っているような野菜を好んで選んでくれる人もいるので出来るだけそういう人には野菜を届けてあげたいな~。
とはいえ、うちのような全て手作業の場合、かなり量は限られる。

ちなみに今日持っていった野菜はコンテナ2つ分、ビニール袋入りで31袋。
DSCF0661.jpg

~これの準備の所要時間はざっとこんな感じ~

収獲;3時間 (うちの畑は楽園を目指しているので、片っ端から収獲したりはしない)
パック詰め;2時間 (枯れた葉を除いたり、袋にはいらない部分をカットしたり折り曲げたり、、)
配送;1.4時間 往復36km
自家採種、播種、柵作りその他管理など;1時間

自分は以前、自分の会社を作り、株式上場しようと考えていたことがある。
経営者として原価計算や人件費を勘案して考えるとこんな感じになるかな。

自分の給料が年収1000万円だとすると(前の会社にいた時は、今の歳だとそれ以上だったと思う)、年間250日働いたとして4万円/日。 一日10時間働いたとして、時給4000円。
先ほどの出荷に7.4時間かかっていたとすると、4000x7.4=29600円。

配送のガソリン代や車体費、維持費、保険料、そして野菜を包装する資材代を勘案すると、まぁ適当に1200円。
2つを足すと30800円。それに会社の儲けを1000円プラスすると、31800円。

31800円の収益を上げるには、野菜の原価が500円だったとすると500 + 31800 = 32300円。
店に置かせて貰う場合、販売手数料が30%だとすると、32300円設けるためには約46000円で売る必要が有る。
しかし、それは全て完売した時の場合。3割売れ残ると想定すると、更に設定料金は上がり約66000円となる。

31袋あるから、一袋あたり2130円。
そう、やっぱり一袋2130円だよね♪

ちょっと電器修理を頼むだけでも出張料金2万円とか取られるあれと一緒の感覚だ。

しかし、なぜか農産物の場合にはそのような計算は認められていない感じがする。
生きるのに必須の食べ物がそんなに高くてはいけない!ということなのだろう。

結局いくらだったら売れるんだ?という計算も何もない料金設定で農家は売らざるを得ないのが現状のようだ。
実際に自分が提示した料金は330円。儲けは3300円、時給450円となる。
この計算があるから、農家の人は子供に農業を引き継がせたくなくなるのだと思う。
実際にこれだけの作業をし、この料金で売るとなると生活は維持できない。

でも、消費者と生産者が手を取り合えば状況は打破できると思っている。

上記のようにお金で考えてしまうと、結局は野菜の値段がある程度までしか上げられないのであればコストダウンしか無いという選択になる。
一番高い人件費をまず削減する。海外の低賃金労働者や農業研修生の利用。また、薄利多売のための機械化、省力化のための除草剤、農薬。回転を早くするための化学肥料、、、、

そう、結局、今スーパーに売られているような野菜たちは同じような経路をたどっているのだろう。
そういう涙ぐましい企業努力のお陰で安い野菜を手に入れることができるのだ。
お金で考えれば大成功!

でも、ちょっと待てよ、、、
自分はただ安全安心で美味しい野菜が食べたいんだ。
実際に自分が作った野菜はスーパーに売っているものと明らかに別物だったんだ。
子供が急に野菜を食べるようになったんだ!

でも、生産者はそれを作りたがらない。お金で考えるからね。

そんな中、ビヨンドで育てているような野菜を望む声も出てきている。
そういう野菜は欲しいが値段が高いと買えない、、、そういうこともあるかもしれない。

でも、生産者と消費者が手を取り合えば?
理解し合えば?
絶対に状況は変わってくる。

まず、人件費の問題。
自分の感覚で言えば、農園での作業は喜びであり、楽しみである。
会社を退社した人などがガーデニングや家庭菜園を始めることが多いのを見てもわかるだろう。
お金などいらないから(もしくは低賃金で)働きたいという人(研修生、wwoofer)は現れると思う。
実際、お問い合わせも頂いている。

そしてもし農園に直接買いにきてくれる人が増えたとしたら。
凄い時間がかかるパック詰めが不要になる!目の前で渡すのであれば、1つの袋にバババッと詰めるだけでいいのに、商品として陳列する時には、お客様の目に見えるように一つ一つ透明の袋に入れ無くてはならない、、、これが省けるのであれば物凄く時間短縮になるな。

うまく行けば、一袋330円より、もっと安い値段でも生活していけるようになるのじゃないかな?

自分は人との繋がりが一番大切だと思っているので、買う、買わないとかでなく人と人との支えあいのような形が理想かな。

消費者にはビヨンドの会員となり、会費という形で生産者を支え、生産者は農園を消費者に利用しやすいように管理する。
会員は自由に農園に出入りでき、自由に収穫できる。会員になったらお金を気にせず野菜が食べられる、、、そんな関係を持つことができたらいいよな~

そんな思いで会員制度を提案させて頂いている。

市場で野菜を得る場合には、あえて値段はあまり下げないつもり。
自分が値段を下げると他の有機農家さん達が苦しい思いをするだろうから。

お金で物を考える人が多い中、自分のようなやり方、考え方が理解され、浸透していくには時間がかかるかもしれない。
しかし、もしそのようなやり方を成し得るということを示すことができたら、それは物凄くやりがいがあるってもんさ!


『手を取り合おう』

手を取り合おう!
源は皆、同じ。皆、同じ所から生まれてきたんだ。

仲間だとわかっていれば

偽装なんて必要ないよね
安全を無視してコストダウンなんてしないよね

シンプルでいいんだ

仲間の喜ぶ顔を見たい!
それだけだろう?

本当に皆がそれだけを心に思う時、お金なんかで物を考えたりはしないさ






スポンサーサイト
プロフィール

ヤス

Author:ヤス
自然の恵み、豊かさを多くの人と共有したい!

=自然農園ビヨンド 代表=

無農薬、無肥料の自然栽培で野菜を育てながら、野菜販売、体験イベントなどを行なっております。

>>Beyond自然塾

>>自然農園ビヨンド

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム
=ご注意= ①メールアドレス及び、『確認』ボタン押下後に移動するページの②認証用キーワードの数字は共に半角で入力願います。どちらかが一方でも全角での入力となりますとエラーとなり送信できません。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。