スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンファーム 08/05

今回は東京から初めて電車でのお客様。
新宿が近いようなので、次からはハイウェイバスの方が楽だと思いますよと提案させて頂いた。

健康的な野菜作りなどに興味が有るようで、自然栽培の農園の体験をしてみたかったという。
自然農園ビヨンドは普通の自然栽培の生産農家とは全く違い、それよりは自然農と言った感じ。

でも、栽培とも思っていない点で自然農とも考え方はかなり違うな。

そんな一風変わった農園に来てくれたSさん、「なんだか、畑って感じしないですね。」
そう!それがいいよね。と自分では思っている。

『畑と言うよりも庭園の様な感じで、気づくとそこらに食べれるものが育っている』そんな感じが自分としては好きだな。

ひと通りビヨンドを紹介した後、草刈り。
この草刈りはなんだか宝探しのようで結構面白いのだ。

「この辺り、オクラやトウモロコシがあるので気をつけてくださいね。」
どんな野菜が出てくるか期待しながら、雑草と呼ばれる草をサクサクと刈ってどかしていくと、「おっと危ない!」急に出現するオクラを勢い余って刈り飛ばしそうになる。

そして、歩いていくと、あれ?なんだ、こんなところに大豆が育っているぞ。
そう、予期しない出会いが結構あるのだ。

Sさんも喜んで野菜探しをしていた。

そしてジャガイモの収穫。
ツルハシで少し土を起こしてから茎を引き抜くと、ジャガイモがゴロゴロと。
Sさんは子供のように喜んでくれていた。「うわー、なんかこんなにゴロゴロとくっついて出てくるの面白~い。」

更に、おみやげ用にジャガイモ以外にも小松菜、白菜、山東菜を収獲した。

そして鹿さんが食べたオクラやトウモロコシ、そして鹿の糞を紹介。
そう、山間地ではすべてが収穫できるわけではないんです。毎日毎日、野菜が育ちながら、鹿に食べられていく。
鹿が食べるのよりも野菜の育つ量が多ければ収穫できる。

柵を作ってからは鹿の食べる量が殆どなくなったと思っていたら、最近また入りだした模様。
近くの農家はほとんど誰も柵なんてしていないのに、なぜか無理をしてでもうちに食べにくる。
有難いような有難くないような、、、、
ま、強いファンがいてくれるというのは嬉しいな。

ところで北杜市野町では今、サンフラワーフェス真っ盛りでひまわりが綺麗に見える。
せっかくなのでSさんをフェス会場へ案内。
ひまわりの中で写真を取り、非常に喜んでくれた。

この日は曇だったが、「晴れていたら物凄い景色が見えますよ!」

明野からだと町などは視界に入らず、八ヶ岳、富士山、南アルプスの山々がバーンと見えるのだ。
それはそれは素晴らしい景色だ。

そして別れる際に、「非常に面白かったので秋ぐらいにまた来たいです。私も野菜を育ててみたくなりました。ビヨンドの市民農園っておいくらですか?」と言ってくれた。

こういうの、本当に嬉しいなぁ。
ウチでは来てくれた人の顔が輝けばそれで良しというコンセプトでやっているのだが、まさにそれはこういうことなのだ。
次に秋に来る時にはさらに友達なども連れて来てくれないかなぁ。

Sさん、秋にはカブやらダイコン(これは鹿の大好物だから採れるか不明)などができている予定なので、楽しみにしていてね~。
スポンサーサイト
プロフィール

ヤス

Author:ヤス
自然の恵み、豊かさを多くの人と共有したい!

=自然農園ビヨンド 代表=

無農薬、無肥料の自然栽培で野菜を育てながら、野菜販売、体験イベントなどを行なっております。

>>Beyond自然塾

>>自然農園ビヨンド

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム
=ご注意= ①メールアドレス及び、『確認』ボタン押下後に移動するページの②認証用キーワードの数字は共に半角で入力願います。どちらかが一方でも全角での入力となりますとエラーとなり送信できません。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。