スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨモギ茶作り

ビヨンドでは人間の管理を離れた自然の恵みを素直に受け取るのを良しとしている。
現在、その点でよく採れるのがヨモギ。

畑の面積的にそれほど大量に取れるわけではないが、元気に生育している。

さっそくそれを使ってお茶を作った。

洗って乾燥。
乾燥中

歴史的な暑さといわれる最近でも、なんと2日くらいでは乾かない!
5月に歴史的な小雨量だったときもヨモギは元気だったが、物凄く乾燥に強いんだなと実感、、、

3、4日かけてようやく乾燥したら葉っぱを手でちぎって完成。
乾燥後、パリパリに

暑い中ヨモギを探しながら採り、洗って干して、葉っぱをちぎったら結構時間がかかったが、乾燥重量を見てびっくり。
葉っぱを手で摘み取り

バケツ一杯分くらい取れたのだが、180gしかない、、、

焙煎なし

さらに焙煎をしたものも作ってみた。
焙煎無しのほうがヨモギの匂いはダイレクトに感じることが出来る。
薄めにいれれば結構美味しいが、濃い目にいれると自分にはちょっとキツイ。

焙煎ありの方は、かなりスッキリとした味わい。
こんなに味や香りが変わるんだ、、、

焙煎の有無は好き嫌いだな。
実際、友だちでも焙煎ありが好きな人も焙煎無しのほうが好きな人もいる。
自分としては、両方用意して両方飲んでいきたいな。

それにしても、手作業で天然物のヨモギなどでお茶を作っていたらかなり高コスト(ほとんど人件費)になるな。暑い中探しながら歩き、横の草やツルを切ったりしてどかしながらの刈り取り作業、、、

この高コスト体制は、自分で収穫して実際に作ってみてもらわないと理解してもらうのは難しいだろう。

どうしてもgあたりの値段で普通のお茶の値段と比べてしまうだろうから。

しかし、お茶の農薬で健康を崩す人が増えており、お茶を飲まないようにとも言われた患者がいる※ことを考えれば、そういう心配がないお茶のニーズは有るだろう。

※参考ホームページ;農薬の“ドサクサ”規制緩和で子どもが危ない

大量には作れないが、もう少し作ってみよう。

欲しい人がいたら連絡ください。多めに作りますので。


 
スポンサーサイト
プロフィール

ヤス

Author:ヤス
自然の恵み、豊かさを多くの人と共有したい!

=自然農園ビヨンド 代表=

無農薬、無肥料の自然栽培で野菜を育てながら、野菜販売、体験イベントなどを行なっております。

>>Beyond自然塾

>>自然農園ビヨンド

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム
=ご注意= ①メールアドレス及び、『確認』ボタン押下後に移動するページの②認証用キーワードの数字は共に半角で入力願います。どちらかが一方でも全角での入力となりますとエラーとなり送信できません。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。