スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作物が鹿と最小雨量によりほぼ全滅(自然に学ぶべき)

新聞やテレビは見ていないので確かなことは知らないが、今年の5月は記録的にもの凄く(最小?)降水量が少なかったらしい。
種を蒔いてもほとんど発芽しない。
そしてそんな中でも強いものが発芽し、やっとこさ育つと、、、、なんとそれを端から鹿が食べていく、、、

そして蒔き直すが、やはりなかなか発芽しない、、、、
こんなサイクルをしているうちに畑がカラカラ、さらさらで砂っぽくなってしまった。
うーん、こんな砂に種を埋めても発芽しないのは当然のような気がするな。

畑に生えている雑草でさえ弱々しく、虫食い状態。
2013-06-04 17.13.12

ものすごく強いクズでさえ弱っていたりする。
2013-06-04 17.11.24

でも、人の手が入っていない周りの山や林では雑草が勢い良く生い茂っている。
最小雨量なんてなんのその!と言った感じだ。

草が茂った状態のままだと土が乾燥しないので、草達が生き生きしている。
上手く自然に任せることが出来ればこれほど強くたくましく生きていくものなのだな。

去年はそういった鬱蒼とした草の中にどんどん種を撒いてみたが、その時には逆に、草に埋もれて作物は育たなかった。
草をどけたら乾燥。どけないと埋もれる、、、

このへんのバランスの取り方、植生の変化のさせ方については今後学んでいくつもり。

今年は鹿と乾燥がもろに重なったわけで、それが無かったら今頃作物がいきいきと育っていたのではないかなとは思う。

しかし今回作物を育てることが出来なかったのは、やはり「自然に学ぶべきところは多い」ということを痛切に感じさせてもらえたという点で素晴らしいと思っている。
スポンサーサイト

テーマ : 果樹栽培・畑作・稲作
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ヤス

Author:ヤス
自然の恵み、豊かさを多くの人と共有したい!

=自然農園ビヨンド 代表=

無農薬、無肥料の自然栽培で野菜を育てながら、野菜販売、体験イベントなどを行なっております。

>>Beyond自然塾

>>自然農園ビヨンド

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム
=ご注意= ①メールアドレス及び、『確認』ボタン押下後に移動するページの②認証用キーワードの数字は共に半角で入力願います。どちらかが一方でも全角での入力となりますとエラーとなり送信できません。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。