スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金のためになんて考えたらやってられない?

フェスの出店や有機村への出荷のために研修生のI君と野菜の収獲を行った。
ビヨンドではもろに自然に任せて降り、野菜には自分で育ってもらっているのだが、そうするとスーパーで売っている野菜と、野菜本来の姿が全くの別物であることに気づく、、、、
今、うちの畑は一面菜の花畑。でも、市場で売っている地元の野菜は菜の花野菜ではない。

本来、冬を超えると野菜は子供を作ろうと蕾をつけ、花を咲かせる。
でも、そうすると売りにくいし、収獲も大変なので、そんなものを生産する人はいない。

ハウスで冬に苗を作ったり、種を蒔けば4月に子供を作らない野菜を育てることが出来るのだ。
かなり人でもかかる大変な作業だが、生産農家の方は頑張ってやっておられるようだ。
それはそれで素晴らしい技術で、うちもいつかハウスか温室みたいなものが欲しいなとも思っている。

とは言っても、今の時期なら花を咲かせるという本来の野菜のリズムも大切にして行きたいのだ。

花を咲かせている小松菜

そんな菜の花野菜の収獲。
葉っぱを一枚一枚、かきとっていく。

小松菜の葉っぱをかきとり

小袋20袋分の収獲でなんと3~4時間もかかるのだ。そうとうアホらしくて誰もやらないのは当たり前?
自分自身、自分の家族分の収獲ならしても、多くの消費者のために収獲などということは厳しいのでやっていない。極たまにやるだけ。

その小袋の二倍以上入れたものが直売所では90円くらいで売ってたりするのだが、そのことをI君に話すと絶句、、、
そう、自分で生産者側の経験をしてみるとよく分かるのだ。
「研修生のI君はあれだけ頑張ったんだから、一袋350円は頂きたいですね、、」と言っていた。
今のところ、そのような値段設定が理解されるのは難しいようだが、理解をしてくれる人の数を増やすことは可能だと思っている。
そのためには多くの人に農園に来て野菜育ての現場を体験してもらおうと思っている。

実際に自分自身やI君も値段に関しての見方が大きく変わったのだから!

今現在は、自分が思う妥当料金と市場価格の間をとっているようなところだが、そうすると時間給などはバイトよりもはるかに低くなる。
お金のためだけを考えたら、農家になるよりも家庭菜園をやり、外に働きに出たほうが楽だろう。

でも、そういう流れのままだと農家に希望を見出す人はますます減るだろう。
だから、楽しく農園が経営できることが示せたら断然面白いなと思っている。

インターネットや自然食品店で小袋が一袋500円でもバンバン売れる。1000円出しても買いたいという人が列をなしているのに、なかなか買えない。
そんな野菜が、農園に来るとなんとタダで持って帰れる。

こんな感じだと収入と楽しさが両立できて良いかな。

お金がないから自然本来の野菜が買えない、、、そんなのは面白く無い。
遠いから収獲に行くのは辛い、、という人も高いお金を払えば宅配で手に入れることができるかもしれないが、次第に自分で作ったほうが良いということに気づくだろう。私は買い続けてくれるよりも、そのように気づいてくれたほうがいいと思っている。

都会で土地が手に入りにくいとしても、今までは候補地にもならなかったような荒地でも開拓すれば畑になることを知るかもしれない。
山梨よりは近い場所にそのような場所を見つけることが出来るかもしれない。

そういうことに気づける場にビヨンドがなれたらいいなと思っている。

うちと同じようなやり方で野菜を育てたいと思っても、なかなかうまく行かない人は多いと思う。
そういう人達がビヨンドに体験に来て、ともに野菜の育て方を学んでいけたら楽しいな^^
スポンサーサイト
プロフィール

ヤス

Author:ヤス
自然の恵み、豊かさを多くの人と共有したい!

=自然農園ビヨンド 代表=

無農薬、無肥料の自然栽培で野菜を育てながら、野菜販売、体験イベントなどを行なっております。

>>Beyond自然塾

>>自然農園ビヨンド

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム
=ご注意= ①メールアドレス及び、『確認』ボタン押下後に移動するページの②認証用キーワードの数字は共に半角で入力願います。どちらかが一方でも全角での入力となりますとエラーとなり送信できません。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。